Contents

〒683‐8504 
鳥取県米子市西町36番地の1
(鳥取大学医学部内)
TEL(0859)34‐4809



トップページ > 当財団について > 2019年度事業計画

2019年度事業計画

1.県民への臓器移植に関する普及啓発
普及啓発のための活動
 (1)臓器移植普及推進街頭キャンペーン
    臓器移植普及推進月間(10月)に、県内3地域において臓器提供の意思表示を呼びかける街
    頭キャンペーンを行う。
 (2)移植を受けた子ども達の作品展
    移植医療について知っていただくため、移植を受けて回復した子どもの作品展示を県内3地
    域において実施する。
 (3)他団体主催のイベントへの参加
    医療機関や市町村主催のイベントにて、リーフレットや啓発物品の配布、移植医療の説明等
    を行う。
 (4)出前講座および教育機関における講義の実施
    意思表示の意義や移植医療の現状などの情報を提供する出前講座を行う。また、県内の看護
    学校、医療系専門学校等にて移植医療の講義を行う。中学、高校においては、教育委員会の
    協力のもと授業を行う。
 (5)財団の機関紙の発行
    機関紙を作成し、賛助会員への配布、ウェブサイト掲載等を行う。
 (6)グリーンライトアッププロジェクト
    臓器移植普及推進月間に駅前広場等を緑色にライトアップする。
 (7)各種広告
    テレビCM、新聞広告等
 (8)ウェブサイトの充実
 (9)鳥取県版臓器提供ガイドブックの作成
    臓器提供についての正しい知識と情報を提供するため、移植医療の仕組み、実際の手続き等
    についてのパンフレットを作成する。
 現況調査
 (10)臓器提供意思表示に関する意識調査
    県民対象に街頭アンケート調査をキャンペーンの際に実施する。
 (11)人工透析に関する現況調査
    県内の透析医療施設を対象に透析患者数等の調査を実施する。

2.臓器の提供者と臓器移植希望者との調整協力事業
 (1)臓器提供候補者の情報への対応
   医療機関、日本臓器移植ネットワークとの連絡調整、臓器提供候補者家族への説明、検体搬
   送の手配、臓器搬送の協力機関との連絡調整等を行う。
 (2)遺族訪問
   臓器提供者の遺族へ移植患者の経過報告を、礼意を持って行う。
 (3)臓器移植希望登録の支援
   医療機関に対して移植希望登録の手続きに関する支援および患者相談へ対応を行う。
   また、腎臓移植認定医への相談の調整も行う。
 (4)献腎移植希望登録の説明用リーフレット
   慢性腎不全等の患者が日本臓器移植ネットワークに移植希望登録を行う際の手続方法について
   説明するためのリーフレットを作成し、県内の透析施設等の配布する。
 (5)組織適合性検査料の助成
   献腎移植の円滑な実施を図るため、県内の献腎移植希望者の組織適合性検査に要する検査料に
   ついて助成金を交付する。


3.医療機関の体制支援及び教育事業
 (1)鳥取県院内移植コーディネーター会議
   県知事より委嘱された鳥取県院内移植コーディネーターを招集し、移植医療の推進と円滑な実
   施のための情報交換を目的とするとともに、その活動の促進および資質の向上を図るための会
   議を開催する。
 (2)病院訪問
   臓器提供候補者への対応を的確に行う体制作りのため、シミュレーションや院内研修等の働き
   かけおよびそれらの支援を行う。
 (3)啓発物品の作成
   病院職員が移植医療に関心を持てるような啓発物品を作成する。
     

4.眼球の提供のあっせんに関する事業

 (1)角膜等のあっせん業
   臓器の移植に関する法律第12条に基づく眼球のあっせん業の許可機関として、献眼情報の窓
   口となり、摘出医師の派遣、移植医療機関へのあっせん、搬送、感謝状の持参等を行う。
 (2)あっせん業の一部委託
   あっせん業のうち献眼希望者の登録、角膜等の保管、記録等の業務については、国立大学法人
   鳥取大学へ委託して実施する。


5.腎臓病に関する知識の普及啓発を実施する団体への支援事業

  県内の腎臓病患者等が腎臓病に対する知識を深め、生活の安定を図ることを目的として学習会等を実施し
  た団体に対し、その実施に要する経費に対し補助金を交付する。また、事業に関する情報をウェブサイト
  に掲載し、対象団体を公募し、補助金を交付した対象者、内容等はウェブサイト上で公表する。


6.その他この法人の目的を達成するために必要な事業
(1)評議員会、理事会の開催
   評議員会は定時年1回、理事会は予算決算時に年2回開催する。
(2)賛助会員の募集
   円滑な財団運営を図るとともに移植医療への正しい理解を得るため、賛助会員の募集、寄付の募集を
   行う。
(3)職員の資質の向上のための研修会等への参加
   JOT、日本アイバンク協会等主催の会議や研修会への参加。臨床腎移植学会等への参加。公益法人
   向け会計等セミナー参加