Contents

〒683‐8504 
鳥取県米子市西町36番地の1
(鳥取大学医学部内)
TEL(0859)34‐4809



トップページ > 角膜移植について > 角膜移植について

角膜移植について

角膜移植とは?

◯角膜は眼球の最前部にある黒目と呼ばれる透明な組織です。角膜の病気としては円錐角膜・水疱性角膜症・細菌・角膜白斑・角膜変性症・ジストロフィ・外傷など様々ですが、このような病気や外傷で白く濁ってしまった角膜を透明な角膜と取り替える手術を角膜移植といいます。
◯角膜が透明であれば、近視・遠視・乱視・老眼・そこひ・年齢に関係なく献眼ができます。
◯感染の恐れのある病気での死亡の場合は献眼出来ない場合があります。
◯現在、角膜疾患のための視覚障害者は1万9千人もおり、角膜移植を心待ちにしている人は全国に平成24年3月末で2,354人です。

眼球のあっせん業とは?




ドナー(角膜を提供する人)とレシピエント(角膜移植を待つ人)の架け橋の役目をすることです。レシピエントの手術が円滑に行われるよう眼球の提供をしてくださるドナーの登録を行っています。

同じように眼球のあっせんを行うところは全国に54ヶ所あります。

登録方法は?

1. 公益財団法人鳥取県臓器・アイバンク(0859-34-4809)へ電話をする。
2. 資料とともに眼球提供登録申込ハガキが届く。
3. 当財団から登録カードをお送りします。


または、公益財団法人日本アイバンク協会のホームページからも申し込みいただけます。

こちら → http://www.j-eyebank.or.jp/registration.htm