Contents

〒683‐8504 
鳥取県米子市西町36番地の1
(鳥取大学医学部内)
TEL(0859)34‐4809



トップページ > 地域での活動報告 > 平成24年度の活動 > 米子医療センター附属看護学校学校祭

米子医療センター附属看護学校学校祭


9月28日(金)
米子医療センター附属看護学校『学校祭』
『移植医療に関する講演会とグル
プデスカッション』に参加しました。


特別講演:テーマ『臓器移植までの道のり~看護学生へのメッセージ~』
 講師:杉谷 篤 副院長
膵臓・腎臓の解剖と機能・生体移植・インフォームドコンセントの重要性・レシピエントコーディネーターの役割・腎移植手術・献腎移植・脳死とは・学生へのメッセージの10項目について動画も含めた講演
・各学年に分かれてグループワーク(40分)

テーマ
1.移植をする人やその周りの人々の気持ち
     患者(ドナー・レシピエント)・家族は?
   2.どのように看護をするのか?

各学年とも5人程度のグループになり、色々な考え方があることに気づきながら、自分の考えも整理されていくようでした。

・各学年ごとにグループワークのまとめ発表
 
 
各学年とも、臨床経験を積まれるごとに視野が広がっていることが伺えました。

杉谷医師の講評で、移植学会で発表された『日本の死生観と臓器移植』のアンケート結果を見せながら、今後、看護の道に進む学生にエールを送られました。

学校祭で移植医療について討論会をされたのは、鳥取県内初でした。
学生がこれをきっかけに、ご自分の意思を考え、ご家族とよく話し合ってくださることを期待したいと思います。
さらに今後、県内の医療系学校(特に医学部)でこの様な取り組みが増えることを希望します。