Contents

〒683‐8504 
鳥取県米子市西町36番地の1
(鳥取大学医学部内)
TEL(0859)34‐4809



登録方法

1.受診施設での移植希望に関する相談
透析または通院している受診施設の主治医と相談し、移植を希望する施設を選びます。
臓器移植は日本臓器移植ネットワークで認可された登録移植施設(鳥取県では米子医療センター1施設)でのみ可能ですが、県外の移植施設を希望することも可能です。
移植希望施設に問い合わせをし、予約した上で必要な書類を確認し、必要であれば担当医に紹介状を作成してもらいます。

2.移植施設の受診
移植施設を受診すると、臓器移植に関する説明が行われます。説明内容に同意された場合のみ登録が可能となり、登録用紙に同意の署名・住所等の記載を行います。
(透析療法開始前であっても医学的状況によっては、登録が可能となっていますので腎移植施設や日本臓器移植ネットワークまでお問い合わせください。)

3.移植に備えた採血
献腎移植では提供者との適合性が重要であるため、組織適合性検査(HLA)が必須となります。検査は採血のみ行います。

4.移植希望登録
移植施設から日本臓器移植ネットワークへ、ご本人の登録への同意が記載された「移植希望登録申請用紙」が送付され、候補者の選定に必要な医学的データ等が情報管理システムに入力されます。
その後、ご本人か代理の方によって新規登録料3万円をコンビニエンスストアか郵便局でお支払い頂きます。(住民税非課税世帯は、所定の手続きにより登録料免除となります。また、同一世帯で複数の登録申請を行う場合には人数分の手続きが可能です。)
申請書及び移植施設より情報管理システムへのデータ入力と新規登録料の払い込みが確認された時点で登録が行われ、その日が登録日となります。

5.登録完了通知
登録が完了し、2か月程度で「臓器移植患者登録手続き完了のお知らせ」として、「臓器移植希望登録証」と「臓器移植患者登録証明書 兼 患者負担金領収書」が送付されます。